ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代 (中)


旧字・旧仮名遣いは改めました。また、漢字変換の煩雑を避けるために、一部、送り仮名や漢字が原書と異なるものもあります。

================================================================================
 P21
 最高の畏敬、すなわち、自己自身に対する畏敬
================================================================================
 P37
 制服は性格を隠し、ほかのどんな扮装よりも、子供たちの特性を指導者の目に見えなくする
================================================================================
 P79
 われわれは、だれかある女性に対する熱狂を、けっしてほかの女性に打ち明けてはならない。女性は互いに相手をよく知っているので、誰かがそうした絶対の崇拝に価するとは思わない。彼女らには、男は店に来る買い手のように思える。売り手の方は、商品をよく知っているだけに有利であり、しかも商品にもっともいい光を当てるチャンスをとらえることができる。それに反して買い手はつねにいわば無邪気に入ってくる。商品を必要とし、欲しがっている。しかし、商品を玄人の目で見ることはきわめて稀である。
================================================================================
 P197-198
 ぼくの言葉に従ってやってみる。成功する。すると彼らは、ぼくが幸運の持主だと言う。ぼくが理解するのは、ぼくのためだ。ぼくが成功するのは、他人のためだ。それなのに、この道を行けば同じように成功するとは誰も考えない。彼らはぼくが魔法の杖を持っていると考えている。彼らは、ぼくが理にかなったことを持ち出せば反論し、それによって、認識の木に至る道を塞いでいることに気づかない。ぼくが予言的な小枝を取ってくるのはこの木なのにね。
================================================================================
 P238 アフォリズム 
 aphorism 20
 自分を甘やかしてはいけない。自分を制御しなければならない。赤裸々な本能は人間にはふさわしくない。
 
 aphorism 21
 無制約な行為は、いかなる種類のものであれ、結局は破綻する。
================================================================================
 P239
 aphorism 23
 人間が自分や他人の信頼を失うのは、手段を目的ととりちがえるためである。その結果、行為ばかりが先に立って何も生まれないか、あるいは厭わしきものすら生まれかねないからである。
================================================================================
 P253
 aphorism 58
 世の中には、ものを生み出す力もないくせに、ひとかどのことを言いたがる人間がたくさんいることを知らなければならない。そうすると、奇妙きわまることが明らかになる。
 
 aphorism 59
 深く、真面目に考える人たちは、公衆にたいして分の悪い立場にある。
================================================================================
 P262
 aphorism 86
 君に本が読めるなら、理解せねばならぬ。物が書けるなら、何かを知っていなけらばならぬ。信じることができるなら、把握せねばならぬ。君が欲望をもつなら義務を負うことになるだろう。要求するなら、手に入れることはできないだろう。そして君が経験を積んでいるなら、他人の役に立たねばならぬ。
 
 aphorism 87
 私たちは、私たちの役に立つ人しか認めない。
================================================================================
 P263
 aphorism 89
 純粋な経験で満足し、それに従って行動する者は、真実を十分にもっている。成長期の子供は、この意味で賢者である。
================================================================================
 P271
 aphorism 112
 私たちが、すでに認められている学問上の誤りからさえ脱却せずにいるということである。その理由は公然の秘密である。
================================================================================
 P272
 aphorism 114
 人間は本当のところ、自分の意見にしか興味をもたないものであるから、何か意見をもち出す人は誰でも、自分や他人の考えを固めるために右や左を見回して補助手段を探す。人は真実を、役に立つかぎりは利用する。しかし虚偽も、それが一時的に利用でき、それを半端な論拠として他人の目をくらましたり、穴埋めに使ってばらばらに切り刻まれたものを外見上繋ぎ合わせたりすることができると思えば、人はたちまち、情熱をこめ、美辞麗句をならべてそれに飛びつく。こういくことを見聞きして、私ははじめは腹が立ち、ついで暗然たる気持ちにおちいった。しかし、今は意地悪い喜びを感じるようになっている。私は、そういうやり方を二度とあばき立てることはすまいと誓ったのだ。
================================================================================
 P278
 aphorism 129
 どこまでも空は青いということを知るために、なにも世界一周まですることはない。
================================================================================
 P295
 aphorism 177
 対立するふたつの意見の真ん中に真理があると言われる。だが、けっしてそんなことはない。その中間にあるのは問題なのだ。それは目に見えぬものであり、静止の状態にあると考えられた永遠に活動的な生命である。